東京、新宿で住宅ローン滞納任意売却のご相談なら

不動産問題研究所

本HPではローン返済にお困りの方へ情報をご提供しております。

免許
宅地建物取引業:東京都知事(2)96711

現在サイト改修中につき見づらい部分があることご容赦ください。業務は通常通り行っております。

住所
東京都新宿区新宿二丁目13番10号
武蔵野ビル5階(5号室)
交通
新宿三丁目駅 徒歩3分
新宿御苑駅  徒歩5分
営業
10;00~18:00
定休
土日祝

お気軽にお問合せください
オンラインでのご相談も可能です  

03-5362-1628

任意売却サポートは具体的にどのような流れですすめるのかをご確認ください。

お気軽にお問合せください

当社の任意売却サポートは、原則として無料でご提供させていただいております。
→任意売却サポートの料金

通常の取引で不動産の売却を不動産会社にお願いする場合は、不動産の代金とは別に仲介手数料を準備しなくてはいけません。

任意売却の場合は、仲介手数料は売却代金から差引かれて、債権者から直接支払われることが一般的ですので、売主(債務者)の方が、別に費用をご準備する必要はございません。

サービスをご検討される方は、メールか電話でまずはお問合せください。当社ではサービスのご契約をいただいたご相談者の方のサポートに全力で取り組むためにも、電話への営業活動はいたしませんのでご安心ください。

まずはサービスの全体的なイメージをみていただき、疑問点などは詳細をご確認ください。

1.最初のお問合せ

お気軽にお問合せください

お電話またはメールにて先ずはご連絡ください。

一度ご連絡頂きました場合でも、事務手続き以外の営業活動を目的としたお電話はいたしませんので、ご安心してお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

03-5362-1628

2.面談によるご相談

ご指定の場所にお伺いいたします

お電話やメールでは、細かいニュアンスが伝わりにくいことがございます。

ご自宅での面談が理想ですが、ご事情やお気持ちの面で気が進まない場合は、当社事務所またはご指定の場所にてご面談することも可能です。

3.売却する不動産の調査・価格査定

調査、査定でどのように販売してゆくか戦略をたてます

売却予定の不動産(ご自宅の場合が多いと思います)を査定させていただきます。

不動産会社の中には、売却の依頼をいただくために、根拠なく高めの価格でご提示するところもあるようです。(最終的に購入者検討者が、売却価格に納得して「買わなければ」時間切れとなり、競売になってしまう可能性もあります。)

任意売却では一般の不動産の売却とちがい、耳障りの良いいい加減な査定が命取りになってしまうことがあるのです。

時間に限りがある中で、全ての関係者が納得する価格を提示する必要があるため、公正な査定を心掛けてまいります。

4.任意売却サポート(専任媒介)契約の締結

ご納得いただいたらご契約のうえ、その先のサポートをすすめてゆきます

債務整理の方法として、任意売却はすぐれた選択肢ではありますが、万能ではありません。ご説明をお聞きいただき、ご相談者様がご納得された場合のみ、サービスをご提供するうえで必要な「専任媒介契約」の締結をお願いしております。

原則として金融機関などの関係者と交渉する場合に提示を求められます。

「専属専任媒介契」は全国の不動産会社が物件情報を日々検索しているシステム(レインズ、宅地建物取引業の免許を持つ会社のみ閲覧可能です)への登録期限やお客様へのご報告の頻度の義務が一番厳しい内容の契約です。

5.金融機関などの利害関係者との協議

関係者との交渉をサポートさせていただきます

任意売却を行う際の関係者は通常の売却に比べると多くなり、一般的に交渉もむずかしくなります。

金融機関などの債権者、税金などの滞納がある場合は市区町村などの役所、管理組合、連帯保証人、連帯債務者・・・と多岐にわたります。

ご本人の面談や連絡が必要な場合もありますが、それ以外は関係者との協議を当社が代行させていただきます。

6.不動産の販売活動

積極的に販売活動をおこないます

不動産の正確な情報に基づいて販売活動を行います。

販売に関しては、大きく1)当社による買取、2)当社顧客への販売、3)他の不動産会社による買取、4)他の不動産会社の顧客へ販売、と4つの方法がございます。

当社や他の不動産会社が買い取る場合は、時間は短くできますが、価格はどうしても低くなってしまう傾向にあります。

また当社のお客様のみにこだわってしまうと、時間が足りなくなってしまう可能性もありますので、基本は他の不動産会社への積極的に紹介し、ご相談者様含めて関係者になるべくご満足いただけるようにお手伝いしてまいります。

7.買主との売買契約の締結・代金決済(任意売却成立)

契約から代金の決済となります

任意売却の場合、関係者全員の同意が無ければ売却ができません。

事前に関係者全員の意向を調整したうえで、売却活動を行います。

競売にならないためにはスピードがとても大切ですので、全国の不動産会社のネットワークを通じて売却活動をすすめてゆきます。

売買代金の決済まで気を抜けませんが、全て当社でサポートさせていただきます。

8.アフターフォロー

画像の説明を入力してください

任意売却が成立しても、ローンなどの残債が残っていることが一般的です。

金融機関などの債権者との返済条件の話し合いや、自己破産などの法的な手続きをした方が経済的、精神的ご負担が減らせる判断された場合は、弁護士などに依頼して手続きを進めてゆく必要があります。

任意売却の成立した「後」のアフターケアやアドバイスもさせていただいております。