東京、新宿で住宅ローン滞納任意売却のご相談なら

不動産問題研究所

本HPではローン返済にお困りの方へ情報をご提供しております。

免許
宅地建物取引業:東京都知事(2)96711

現在サイト改修中につき見づらい部分があることご容赦ください。業務は通常通り行っております。

住所
東京都新宿区新宿二丁目13番10号
武蔵野ビル5階(5号室)
交通
新宿三丁目駅 徒歩3分
新宿御苑駅  徒歩5分
営業
10;00~18:00
定休
土日祝

お気軽にお問合せください
オンラインでのご相談も可能です  

03-5362-1628

住宅ローンを滞納してしまうのには5つの理由があります。

住宅ローンを滞納するということは、言うまでもなく決められた月々の支払いが遅れ、滞ってしまうことです。これはどなたにとっても同じことです。

しかし、滞納してしまった理由となりますと、お一人ずつ違っていると思われます。

今後の対策を考えてゆく第一歩として、ご自身がどのような理由で滞納してしまったのかを確認しておきましょう。状況を正しく確認しておくことは、有効な対策をたてるためのヒントになったり、ゆくゆく専門家などにご相談される際にも、よりよいアドバイスがもらえる可能性も高くなります。

ローンを滞納してしまう理由は大きく5つに分けることができます。ほとんどの方はそのいずれか、またはいくつかの理由が組み合わさっていることがほとんどです。ひとつづず確認してまいりましょう。

ローン返済が苦しくなる5つの理由

ご自身がどのパターンにあてはまるかご確認いただければと思います。

収入が減少したため

なんらかのご事情により、予定していた収入が減ってしまうことです。いくつかの例をあげますと、失業してしまった、勤務先の業績が悪くなり給料やボーナスが減ってしまった、転職をしたことでこれまでより給料が減ってしまったなどです。

ここでのポイントは、収入の減少が短期的に解消できるかどうかということになります。失業しているが再就職の見込みがある、ご親族などから助けてもらえる、お住まいの他の資産の売却資金が見込める、などです。

支出が増加したため

これまでに想定していなかった支出が増えてしまうことです。例をあげますと、ご自身やご家族が病気になってしまった、事故などにより入院が必要となってしまった、親御さんの介護が必要となり施設へ多額の支払いが発生してしまった、お子さんの進学に予定よりもお金がかかってしまったなどです。

生活スタイルを変えることで何とかできるレベルなのか、そういったレベルでないのかの見極めをする必要があります。

離婚をしたため

離婚は経済的、精神的なダメージが大きいものです。

例えば、慰謝料の支払いや、お子さまへの養育費の支払いなどの負担や、別居となることで、住宅ローンの支払いはそのまま続け、別にご自身の賃貸住宅の支払いが加わってしまうケースもございます。

それだけではなく、精神的にもつらくなり、前向きにお仕事に取り組めないなど、収入が減ってしまうといったこともございます。

連帯保証人となっており保証債務が生じたため

連帯保証人なるということは、お借入れなどをしたご本人と同じだけの責任があるということです。つまりお金を貸した人は、お借入れした方と連帯保証人と同時に「返済してくれ!」といえるということです。

また、ご自身が事業主の場合なども、設備資金や運転資金を調達するときに、連帯保証人になることを条件に借入をされている方も多いでしょう。

返済計画に無理があったため

住宅ローンを借りるときには、金融機関は収入、勤務先、勤続年数、自己資金などなど、審査があったかと思います。

審査の基準の一つに「返済負担率」というものがあります。これは月々の支払いの合計金額が、年収のどれくらいの割合かで判断するものです。返済の安全を保障するものではありません。

最近は少なくなってきましたが、当初の返済を少なくおさえる、ステップ返済やゆとり返済、月々の返済を少なく押さえるボーナス返済などをもあります。

「将来は給料が増えるだろう」「ボーナスは今後もこれくらいは出るだろう」という見込みが外れてしまったことによるものです。