東京、新宿で任意売却のご相談なら

不動産問題研究所

本HPではローン返済にお困りの方に「任意売却」の情報をご提供しております。

免許
宅地建物取引業:東京都知事(2)96711
住所
東京都新宿区新宿二丁目13番10号
武蔵野ビル5階(5号室)
交通
新宿三丁目駅 徒歩3分
新宿御苑駅  徒歩5分
営業
10;00~18:00
定休
土日祝

お気軽にお問合せください  

03-5362-1628

強制執行とは?

概要

強制執行とは、借金などを支払ってもらえない債権者が、国家権力による強制力を使って裁判の結果を実現することを言います。その対象となる財産が不動産の場合に不動産執行といい、その手続きとして不動産が競売にかけられること から、不動産執行のことを強制競売ということもあります。

たとえば、金を貸した相手がどう しても借金を払ってく れない場合を考えてみましょう 。貸した方は裁判所に訴えて回収しようと考えます。うまく証拠を示して訴訟で勝訴すると、通常は敗訴した相手は支払ってくれます。しかし、ときには裁判で負けても支払わない(もしくは払えない)ケースもあります。その場合に、国家権力による強制力を使って裁判の結果を実現することになります。これが強制執行です。

ただ、いくら訴訟で勝ったからと いって、債権者が債務者の家な どを無理やり占拠したのでは、秩序ある社会とはいえません。裁判の決着がついた後でも、 一定の手続きに従って、秩序ある解決を図ることが法治国家であり、そのために強制執行という 制度が設けられているのです。そして、秩序ある一定の手続きとして、強制執行には、原則として債務名義 (強制執行をしてもよいという国家のお墨付きのこと) が必要とされています。

強制執行手続きの流れ

裁判による判決など

先ずは裁判で主張の正しさを証明します

強制執行の申立て

債務名義執行文送達証明の3つが揃っている必要があります

財産の差押え(不動産など)

不動産執行、債権執行、動産執行などがあります

競売

この場合不動産強制競売と呼ばれます

債務名義とは?

わかりやすく 言えば「強制執行を許可する文書」です。当事者間で法律関係の有無について争いがあって、 裁判などの手続きに従って紛争が終わり、債権債務(権利と義務)の関係が明確になった場合に、その結果は文書で残されます。それでも、債務者が債務を履行しない場合には、その文書の内容に即して、債権者は国家権力の助力を得て債権を実現することができるのです。

債務名義の例 備考
判決 確定しているもの
仮執行宣言付きの判決 確定してないが執行可能
支払督促+ 仮執行宣言 仮執行宣言を申し立てる必要あり
執行調書 金銭支払いのみ
仲裁判断+執行決定 執行決定を求めるひつようあり
和解調書 「○○円支払う」といった内容
認諾調書 請求の認諾についての調書
調停調書 「○まる円支払う」といった内容
執行文とは?

執行文とは「債務名義の執行力が現存することを公に証明」する文書です。そもそも債務名義があると強制執行を申し立てることができますがそれだけで強制執行はできません。判決が下されたり、公正証書が作成された後に債権債務の状況が変化している可能性もあります(例:死亡、相続、別法人となるなど)。債権者(権利のある人)が強制執行を申し立てた時点で、債務名義に執行力があることをチェ ック してもらい、それを証明する文をつけてもらう必要があります。

送達証明とは?

文書を送達したことを証明することです(この場合は強制執行を行う内容)。送達( 証明) が要求される理由は、債務者にどのよ うな債務名義で執行手続が開始されるのかを知らせ、債務者に防御の機会を与える必要があるからです。