東京、新宿で任意売却のご相談なら

不動産問題研究所

本HPではローン返済にお困りの方に「任意売却」の情報をご提供しております。

免許
宅地建物取引業:東京都知事(2)96711
住所
東京都新宿区新宿二丁目13番10号
武蔵野ビル5階(5号室)
交通
新宿三丁目駅 徒歩3分
新宿御苑駅  徒歩5分
営業
10;00~18:00
定休
土日祝

お気軽にお問合せください  

03-5362-1628

競売データ

担保不動産競売のデータ

「担保不動産競売」の推移を見てみます。

事件数(競売手続になった件数)は平成12年の82,879件から平成28年度の20,779件へと減少し、この間で総数が25%となったことになります。このことは、金融機関の姿勢や景気の上り下がりも影響しているといえると思いますが、任意売却の手法が徐々に浸透してきており、競売手続きに入る前に当事者の合意で処理される割合が増えてきたのではないかと考えられます。

取下げ件数は、事件数に対して約20%で推移しており、ほぼ毎年同じ結果となっております。一旦競売手続きに入ってしまうと、申請を取り下げたうえで、任意売却などをしようとしても、簡単ではないとの結果と考えられます。

担保不動産競売の推移(出典:裁判所司法統計

強制競売のデータ

「強制競売」の推移を見てみます。ケースとして当てはまる方は少ないと思われますので、こちらはご参考程度にご覧いただければと思います。

事件数(競売手続になった件数)は平成12年の12,685件から平成28年度の4,635件へと減少し、この間で総数が37%となったことになります。担保不動産競売の場合と同様に、金融機関の姿勢や景気の上り下がりも影響しているといえますが、任意売却の手法が徐々に浸透してきており、競売手続きに入る前に当事者の合意で処理される割合が増えてきたのではないかと考えられます。

取下げ件数は、事件数に対して約50%で推移しており、ほぼ毎年同じ結果となっております。担保不動産競売に比べると、30%ほど多い結果となっておりますが、担保価値の問題や、競売手続によっても売却できない不動産である可能性が考えられます。

「強制競売」の推移(出典:裁判所司法統計