東京、新宿で住宅ローン滞納任意売却のご相談なら

不動産問題研究所

本HPではローン返済にお困りの方へ情報をご提供しております。

免許
宅地建物取引業:東京都知事(2)96711

現在サイト改修中につき見づらい部分があることご容赦ください。業務は通常通り行っております。

住所
東京都新宿区新宿二丁目13番10号
武蔵野ビル5階(5号室)
交通
新宿三丁目駅 徒歩3分
新宿御苑駅  徒歩5分
営業
10;00~18:00
定休
土日祝

お気軽にお問合せください
オンラインでのご相談も可能です  

03-5362-1628

任意売却のときに準備するもの

いろいろありますが、ひととおり目をとおしてみてください

任意売却をご検討するときに準備するものは以下の通りです。

書類などで準備するもの

  1. 住宅ローンの借入に関するもの
  2. その他の借入に関するもの
  3. 債権者や裁判所からの通知書など
  4. 税金の滞納に関するもの
  5. マンションの管理費・修繕積立金に関するもの
  6. 不動産に関するもの

債権者などとの話し合い、専門家に相談する場合に整理しておいた方が良いもの

  1. 収支(収入と支出)に関すること
  2. 債権者への対応に関すること
  3. 連帯保証人への対応に関すること
  4. 今後の生活に関すること

一覧表にまとめますのでご参照ください。

準備するもの/整理すること

種類 項目 具体的内容(例)
書類 1.住宅ローン

返済計画表
借入償還表

2.その他借入

カードローン
消費者金融
個人

3.通知書

催告書・督促状
代位弁済の通知
期限の利益喪失の通知
競売開始決定の通知(裁判所)

4.税金滞納

催告書・督促状
差押予告書
※固定資産税、住民税、所得税など

5.管理費・修繕積立金 管理規約
※マンションの場合
6.不動産

売買契約書
請負契約書
重要事項説明書
登記簿謄本
間取図
建築確認

整理 1.収支

収入(ご本人、ご家族)
支出(生活費、学費、その他)

2.債権者対応 連絡を取っているか
3.連帯保証人対応 連絡を取っているか
4.今後の生活 お仕事
ご家族
その他

ケースにより異なりますが、上記の表を眺めていただき準備するもの/整理することをイメージしてください。時間が経っているときなど、どこにしまったか分からない場合もあるかと思いますが、それでも大丈夫です。

準備するもの/整理することのリストの中には、一見すると住宅ローンの滞納とは無関係のものがあったかもしれませんが、いずれも重要です。例えば税金の滞納やに関することは、任意売却の成否に影響しますので特に重要です。

また、債権者との話し合いや、専門家などにご相談するときには「これくらいは黙っていても問題ないだろう」と勝手に判断せずに、できるだけ正直にお話ししていただければと思います。契約や決済のときになって、なんらかの問題が発覚すると手遅れとなってしまいます。早く分かれば分かるほど、解決の可能性も高くなります。

住宅ローンを滞納してしまう可能性は誰にでもあります。できるだけ正直にお話しし、債権者などとも信頼関係を築くことで、任意売却の成立した「後」の返済条件の交渉をするときにも、プラスの材料となる可能性が高いのです。