東京、新宿で住宅ローン滞納任意売却のご相談なら

不動産問題研究所

本HPではローン返済にお困りの方へ情報をご提供しております。

免許
宅地建物取引業:東京都知事(2)96711

現在サイト改修中につき見づらい部分があることご容赦ください。業務は通常通り行っております。

住所
東京都新宿区新宿二丁目13番10号
武蔵野ビル5階(5号室)
交通
新宿三丁目駅 徒歩3分
新宿御苑駅  徒歩5分
営業
10;00~18:00
定休
土日祝

お気軽にお問合せください
オンラインでのご相談も可能です  

03-5362-1628

その他サービス

不動産にかかわるお困りごとの解決のお手伝いをしております

当社サービスのコンセプトは「不動産にかんするお困りごとの解決のお手伝いをする」ということです。

通常の取引などのお手伝いもしますが、サービスの供給が多いために、積極的な営業活動はしておりません。

任意売却以外のサービスは以下の通りです。

その他サービス

不動産セカンドオピニオン

ご検討中のお取引を前向きにすすめるお手伝いをさせていただきます

医療の業界で、セカンドオピニオンと言えば「主治医以外の医師に、診断・治療方法について意見を聞くこと」です。

不動産の取引は、生命や健康との単純な比較はむずかしいですが、数千万円以上の高額な取引を行う場合、セカンドオピニオンと同じような考え方で、他の専門家の意見を聞くことは、より公正な取引を行う上で有意義な選択肢と言えるのではないでしょうか?

当社も不動産会社ですので、業界の制度・慣習にもとづいて営業活動をしておりますが、この制度・慣習は必ずしもお客様の味方とはならないこともあります。

例えば不動産会社が受け取る手数料が基本的に「成功報酬」つまり契約(成約)しないと手数料が受け取れないという制度です。売主、買主などのお客様にとっては、取りあえず費用なく検討ができるというメリットがあり全てが悪い事ではありません。

不動産会社は物件の良い点、悪い点をお客様以上に把握しているのが一般的ですが、契約をするために、デメリットの部分を隠さないまでも、正確にお伝えしないまま取引を進めようとなってしまう傾向があります。

不動産会社、担当者によってその傾向に大きな差があり、見分けるのはなかなか難しいでしょう。

このような、業界の制度上のマイナスがあることを踏まえ「定額」で不動産セカンドオピニオンサービスを提供させていただきます。

相続問題サポート

相続では不動産が問題になります

相続のとき、不動産は問題になりやすい資産です。理由は3つあります。
  • 形態(活用方法)によって評価が変わる
  • 分割が容易でない
  • 換金に時間がかかる
 
また、相続税(評価)額を低くすることに関心がゆきがちです。更地にアパートなどを建築すれば、土地、建物の評価額をそれぞれ下げることができるので、一見よさそうな気がします。不動産会社や建設会社もそのようにいうかもしれません。
 
評価額を下げることに気を取られ、事業として初期投資金額、需要と供給のバランスなどの検討が十分になされない例も散見されます。
 
当社では、相続対策の優先順位は原則として以下の通りと考えております。
  1. 遺産分割対策
  2. 納税資金対策
  3. 節税対策
 
相続対策は発生してしまった後だとできることはほとんどありません。長い時間がかかりますので早くからご検討されることをおすすめします。

借地問題サポート

借地問題は基本をおさえましょう

借地に関わる問題は、一般的な基準が分かっているかいないかで結果に差が出てしまいます。まずはその基準をもとにご自身の現状をご確認いただき、解決のサポートをさせて頂きます。

大きく分けると以下の2パターンに整理できます。

  1. 賃貸借契約の継続
  2. 借地権/底地権の売買

1.については更新、賃料の増減額請求、建物の増改築など、今後も賃貸借を続けてゆくことを前提とした問題です。

2.については当事者同士の売買、第三者への売買などの場合です。

借地は数十年にわたるお互いの信頼関係をもとにした契約ですので、協議の際にはお相手の気持ちへの配慮も欠かせません。また専門家があいだにはいることでスムーズに進むことも多いです。

初回のご相談は無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。