東京、新宿で任意売却のご相談なら

不動産問題研究所

本HPではローン返済にお困りの方に「任意売却」の情報をご提供しております。

免許
宅地建物取引業:東京都知事(2)96711
住所
東京都新宿区新宿二丁目13番10号
武蔵野ビル5階(5号室)
交通
新宿三丁目駅 徒歩3分
新宿御苑駅  徒歩5分
営業
10;00~18:00
定休
土日祝

お気軽にお問合せください  

03-5362-1628

任意売却とは?

任意売却って何?

ローン返済の問題は誰でも起こります

「任意売却」とはズバリ何でしょうか?

むずかしい話は抜きにして、一言でいうと「ローン返済で困った場合に、不動産を売却して負担を軽くすること」です。

任意売却は「魔法」でも「手品」でもありません。専門知識や経験は必要ですが、むしろ理にかなった方法と言えます。

ただし、ローン返済などで困った状況になってしまうと、合理的な判断がなかなかできないこともあると思います。

このホームページでお伝えしたいメッセージのひとつは「ローンなどの滞納の問題は誰にでも起こる可能性がある」ということです。まずはここをご理解することからはじめてはいかがでしょうか?

任意売却という言葉の使われ方

「任意売却」とはどういう意味でしょうか?

文字通りに解釈すれば「任意=その人の意思に任せること、自由に」「売却=売る」ことですので、通常の売却と何ら変わらないことになります。

あえて「任意売却」という場合は、以下の特徴があります。

担保が設定されている

担保=抵当権など

売却してもローンが完済できない

ローンが2500万円残っている不動産を2000万円で売却する

ローンが残った状態で担保解除

買主が見つからないため

競売に対する言葉

競売=国による強制的売却

実際のケースにあてはめてみますと以下の通りになります。

  • 毎月のローンの返済がむずかしくなってしまった
  • 放置しておくと競売となってしまう
  • 一部ローンが残った状態で不動産を売却する
  • 金融機関などに抵当権(担保)を外してもらう

「任意売却」は金融機関、行政機関などの債権者(お金を受取る権利がある者)、連帯保証人、連帯債務者、不動産の共有者、マンションの場合は管理組合・・・・など、多くの関係者と細かい調整をしたうえで売却を進めることになるので、専門的な知識をもつ不動産会社などにご依頼するほうが、より良い解決となる場合が多いです。

ローン滞納の背景

このページの冒頭で「ローンなどの滞納の問題は誰にでも起こる可能性がある」と申し上げました。

もちろんローンの契約をした場合、約束を守ることが基本ですが、やむを得ず返済ができなくなる方が一定数いることは、金融機関などのお金を貸す側も分かっていることなのです。

日本が高度成長期だった時には「終身雇用」「年功序列」「土地神話」が信じられており、将来の見通しを立てやすい時代だったと言えます。

しかし、日本の国際的な立ち位置や、産業構造、雇用情勢、人口動態も変わり、数年先を見通すことも、以前と比べるとむずかしい状況となりました。

不動産購入のためのローン(特に住宅ローン)は35年などの長期で借り入れることが多いので、その期間で、何らかの状況の変化が起こることの方が当たり前と言えるでしょう。

一方で不動産を購入する際に、不動産会社、建設会社、金融機関などは不安になることはあえて言わないことが多いですが、経済状況の変化によっては、ローンの返済などに問題を抱える結果となることは、ある程度想定していると言えます。

このような状況を踏まえたうえで、金融機関などの債権者には誠意をもって対応することで、取り得る選択肢を増やしていただきたいと思います。

ローン滞納の5つの主な理由

ローン滞納の原因はズバリ「経済的」な理由です。

細かくは様々なケースがあり、弊社の任意売却サポートサービスでは、状況に合わせた対応をさせていただきますが、最初から複雑にしすぎることはあまりよくありません。多くの場合は以下の5つの理由に分類されます。ご自身が、主にどのパターンに当てはまるかお考え下さい。

収入の減少

失業、転職、リストラ、定年退職・・・

支出の増加

病気、けが、事故、介護、進学・・・

離婚

慰謝料、養育費、住居費二重払い・・・

連帯保証人

事業主、親戚、知人・・・

無理な返済計画

ステップ・ゆとり返済、ボーナス返済・・・